ホーム >作り方

能面の作り方

彫に必要なもの(型紙を用いる場合)

彩色に必要なもの

能面を打つ工程

顔型を写す 工程1.木曾檜の角材に顔型を写す。
鉈で角を落とす 工程2.角材の長手方向の面表になる角を鉈で落とす。
余分を鋸で切り落とす 工程3.顔型に添って鋸で余分なところを切り落とす。
突き鑿で取る 工程4.突き鑿で顔型の周囲を均すとともに、裏面との直角を出す。
裏面を彫る 工程5.裏面を歪、割れから守るために少し彫っておく。
縦型を合わせる 工程6.鑿、彫刻刀で表面を縦型に合うよう彫る。
横型を合わせる 工程7.横型の1番~アゴまでの横型を合わせながら彫る。
目、鼻、口の位置を測る 工程8.目、鼻、口の位置を顔型より測って記入する。
目、鼻、口、耳穴を彫る 工程9.目、鼻、口、耳穴を彫る。
耳穴を焼く 工程10.耳穴を5㎜の鉄棒を熱し焦げ目をつける。
表面を均す 工程11.表面を凹凸がないようにサンドペーパーで均す。
裏面を塗る 工程12.裏面をポリサイトまたは漆で塗る。
下塗りをする 工程13.表面を膠で解いた胡粉を塗る。乾けばサンドペーパーで均す。
上塗りをする 工程14.胡粉、水干絵具、膠で液を混ぜ上塗り胡粉を作り塗る。
古色を入れる 工程15.顔料(sepiaなど)を水で溶き、布や筆をつかって古色を入れる。
肌色を入れる 工程16.顔料(vermilionなど)を水で溶き、布や筆をつかって肌色を入れる。
画像準備中 工程17.目、歯を墨で、唇を朱墨で書く。
画像準備中 工程18.眉を薄墨で最後に毛書をする

ページの先頭へ戻る